PROCESS農法・製法

生物多様性のある農園を目指して

山神果樹薬草園は、子どもが安心して遊べる農園になりたいと思っています。土遊びをしたり、その場でみかんをもいで食べたりすることができる農園です。有機農法、その次に自然農法と、一歩一歩段階を踏んで、さまざまな植物や昆虫など、生き物が住みやすい、生物多様性のある農園を目指しています。化学肥料と農薬を使用する一般的な農業を慣行農法といいます。有機農法は、化学的に合成された肥料および農薬を使用しないこと、遺伝子組み換え技術を利用しないことを基本として、農業生産に由来する環境への負荷をできる限り低減した方法で行なわれる農業のことです。肥料は有機のもの(家畜のフン、植物の堆肥)を使います。自然農法といわれるものもあります。これは、「農薬や化学肥料を一切使用せず、枯れ草や藁などで堆肥をつくって田畑に還元し、自然界の土壌と同じ生命力あふれる土をつくり出し、自然の仕組みを再現する」農業です。また、「不耕起(耕さない)、不除草(除草しない)、不堆肥(肥料を与えない)、無農薬(農薬を使用しない)」という考え方もあります。

草生栽培を有機農法へつなげる

山神果樹薬草園では除草剤を使いません。除草剤は植物の葉や根を弱らせるだけでなく、生物多様性を損ない、土壌微生物を減らしてしまいます。すると土が力を失い、耕しやすさや、水もちや水はけ、空気の通りやすさなど、物理性も悪くなってしまいます。現在は草刈りを行なっているのですが、その作業は時間も人手もかかる、大変ハードなものです。そこで計画しているのが草生栽培です。草生栽培は果樹園に下草を生やす管理法で、土壌が流れ出すのを防いだり、有機物を補給したり、草で草を抑えて繁殖を防いだり、作業をしやすくしたりするなどの特長があります。草生栽培が順調に進んだ後は、マメ科の植物も植えつける予定です。マメ科の植物の根には根粒菌(こんりゅうきん)が宿っていて、空中の窒素を土の中に固定します。窒素は植物の生育に欠かせない養分です。窒素肥料を施さなくても土を肥やすことができるようになります。このようにして有機農法の準備を整え、生物多様性のある農園をつくっていきます。そして、最終的には自然農法へと切り替えていきたいと考えています。

圧搾法と水蒸気蒸留法、従来の製法

一般的に柑橘精油は圧搾法で抽出されます。圧搾法は果実を押しつぶして搾汁したあと、その圧搾果汁を遠心分離して精油を得る方法です。また、水蒸気蒸留法で抽出される場合もあります。これは、蒸留釜の中で果皮に水蒸気を吹き込むか、果皮を浸した水を沸騰させることで、揮発した精油分と水分(フローラルウォーター)を分離・冷却してそれぞれを液体として得る方法です。圧搾法で得た精油は熱が加えられていないのでフレッシュな香りがしますが、果汁に触れる分、若干ではありますが精油の香りが変化します。水蒸気蒸留法では熱を加えますが、色素などの残留物が含まれないため、香りがクリアで、香水や化粧品分野で活用されています。

ペラトリーチェに至る道のり

山神果樹薬草園を開くにあたり、私たちは、今までにない製法で、今までとは異なる和柑橘の精油や果汁を得たいと考えました。そこで出向いたのがイタリアのカラブリア州です。カラブリア州は柑橘類の一大産地で、精油の生産量が多いことでも知られています。そして目にしたのがペラトリーチェという方式でした。ペラトリーチェでは、金属製の爪で外皮だけを強く掻き取りながら、表面のボコボコとした油包をつぶして精油を搾り取ります。果汁と接触しないため、その果実特有のフレッシュな、純粋な香りのする精油を得ることができるのです。ただし、ペラトリーチェでは一度に膨大な原料柑橘を使います。山神果樹薬草園の規模には見合わないため、導入をあきらめかけていました。しかし、私たちの理想――今までとは異なることをして、新たな価値を生み出したい――を実現するためには、どうしてもペラトリーチェが必要でした。そこでメーカーと時間をかけて交渉を重ね、結果、小規模の機械をつくってもらうことに成功しました。

自然の恵みは最後まで、無駄なくいただく

ペラトリーチェで外皮を削られた果実は、白い球体となります。それを圧搾して得られるのが果汁です。通常は、外皮がついたままの果実を丸ごとつぶして搾汁するため、外皮に含まれる精油や苦味成分(フラボノイドやリモノイド)が含まれています。一方、ペラトリーチェで得られる果汁には、苦みなどは含まれません。濃縮還元はせずに、そのままストレートタイプの果汁として瓶詰めにしたり、ドレッシングの材料として加工したりします。精油と果汁の抽出後に出るのが内皮や袋といったパルプです。これらもペーストやジャムにするなど、日本人は摂取量が足りないといわれる繊維質の補給食品にします。さらに、種子からは油分を抽出し、そのエモリエント効果を生かして化粧品原料にすることも検討中です。果実に含まれる精油・果汁・パルプ・種子。それぞれを、それぞれに合った方法で有効活用し、最後まで食べ切る、使い切ることができるのも、ペラトリーチェを導入したからこそできる試みです。